鍵の悩みを一縷に解決 ~ノーロック、ノーフューチャー~

鍵

鍵穴から抜けなくなった場合

「鍵が鍵穴から抜けなくなるのは、よくあるトラブル」
鍵のトラブルで多いのが、鍵穴から鍵が抜けなくなってしまうという事態である。
これは、鍵穴の中に埃などの異物が混入してしまった事により、鍵が引っかかって抜けない状態を指す。
シリンダータイプの鍵は、どうしても穴が露出している状態であるためこうしたトラブルが起きやすい。
特に、玄関やバイクなど鍵穴が外部に露出しているケースなどで起きるトラブルである。

「無理に抜こうとすれば折れてしまう事もある」
鍵が抜けないからと力任せに引っ張るというのはおすすめする事はできない。
無理に引っ張れば鍵が中で折れてしまったり、鍵本体部分が破損してしまったりする事になる。
もし、鍵が中でねじ切れてしまえば、素人ではどう対処する事もできない。
そのため、鍵穴から抜けなくなったという場合には、考えて行動する必要がある。

「できる事からやってみる」
鍵が抜けない場合にできる対処方法としては
鍵穴に細い針金の先を入れてタンブラーを動かすというものである。
しかし、この方法の場合は鍵穴を傷つけてしまうばかりか、内部の破壊に繋がるケースもある。
また、差し込んだ針金の先が折れてしまった場合など、取り出すことは非常に困難である。
そのため、鍵穴が動かないという場合には下手に対処を行うよりも鍵業者に修理の依頼をするべきだろう。

「業者に依頼した場合の作業」
鍵業者に修理を依頼した場合、専用の器具を使って鍵を抜き、シリンダーの洗浄を行ってもらう事ができる。
内部の異物が綺麗に洗浄されれば、タンブラーに異常が無い場合ならすぐに鍵を利用する事が可能である。
しかし、内部で鍵が折れている場合は取り除くのが困難であり、業者でも除去できないという場合もある。
この場合、鍵の交換を行う必要があるため、抜けないからと言って力任せに引き抜くのは辞めるべきだ。
また、タンブラーに異常があるという場合、鍵が抜けても再び差し込めばトラブルが発生する事になるため、鍵交換をする必要がある。
「鍵が抜けないという状況を作らない事が重要」
鍵が抜けないという場合、ケースによっては鍵そのものの交換が必要になる。そのため、こういった状況を作らないというのが重要である。しかし、老朽化や日々の使用によって鍵穴と鍵は劣化していくため、簡単に予防をする事はできない。一般的な対策としては、鍵が入りにくい場合などに無理にねじ込んだり、抜けにくい場合に無理に引き抜いたりしないというのが対策となる。シリンダー内部に入っている異物が奥や隙間に入り込むほど除去は困難になるため、異常を感じた時点で鍵業者に依頼し点検してもらう事が、結果的に費用や手間を減らす事に繋がるといえる。