鍵の悩みを一縷に解決 ~ノーロック、ノーフューチャー~

鍵

鍵をなくした場合

「突然発生するトラブル、鍵の紛失について」
普段から肌身離さず持ち歩く鍵という存在は、落としてしまうなどで紛失してしまう事も多い。
路上に打ち捨てられた自転車の鍵や何か分からない鍵、時には車の鍵などが落ちているのを見たことのある人は多いだろう。
こうしたトラブルは誰の身にも起きる可能性があるため、鍵を紛失した場合にどういった対処を行うかを知っておくべきだ。
大事な鍵だから失くさないではなく、もし紛失してしまった場合にどうするかを考えて行動する事をおすすめする。

「リスクは鍵の種類ごとに違う」
家や車、バイクや自転車など鍵は様々な場面で活躍しているため、落とした鍵によってリスクは大きく違う。
まず、日々の生活面が不便になるというリスクがあり、次に鍵を再び入手するために必要な費用もリスクとなる。
自転車の鍵程度であれば、自転車屋に行けば簡単に解錠してもらう事ができる事も多い。
しかし、車の鍵ともなれば国産車か外車かによって鍵の複製に掛かる費用や時間に大きく違いが生まれる。
そのため、重要度の高い鍵ほどスペアキーをしっかり用意しておくことが重要となる。

「まずは、何処で落としたかを考え探す」
鍵が紛失したからと言って、即座に鍵の交換をするのではなく、まずは身の回りを探してみるべきである。
ここで重要になるのが、「いつ失くしたか」と「どこで失くしたか」の二点だ。
最後に鍵を使った、見かけたのはいつかという時期が分かれば「どこで失くしたか」の範囲は自然と狭まる事になる。
「いつ失くしたか」をまずは考え、その日の行動を思い出しながら「どこで失くしたか」を考えるのがポイントである。
お酒を飲んでいたという場合には、飲み屋に置き忘れていないかという点についても確認をするべきだろう。

「見つからないという場合には、鍵業者に連絡を」
探しても見つからない、鍵が必要な期限が近いという場合には鍵業者に連絡をするべきだ。
業者であれば、解錠から鍵の複製まで幅広く対応してもらう事ができる。
ただし、家の鍵を紛失してしまい家に入る事ができないというケースもあり、そういった場合鍵業者に連絡が出来ないという事もある。
こうした可能性を考えて、鍵を紛失する前に近場の鍵業者を調べておくべきだろう。
鍵業者の連絡先さえ分かれば、トラブルが発生した場合にも即座に解決する事が可能である。
何事も、もしもの事態を想定して準備をしておけば、焦ることなく適切な対処を行う事ができるのである。