鍵の悩みを一縷に解決 ~ノーロック、ノーフューチャー~

鍵

住宅の鍵

「何故、住宅には鍵が必要なのか」
そもそもの話になるが、何故住宅には鍵が必要なのかという答えは明白である。
これは、家に外敵を入れずに居住者の安全と財産を守る事が目的となっている。
鍵が掛かっていれば、キーを持っている人しか住居に入る事ができないため、安全な環境を保つ事ができるのである。
もし、この住宅の鍵が壊れていれば泥棒が自由に出入りする事ができる。
泥棒は主に、侵入しやすく逃げやすい家を狙うとされており、鍵が壊れているという場合には格好の餌食となる。
そのため、居住者の安全と財産を守る事ができないのである。
こうしたリスクを回避するためにも、鍵が壊れてしまった場合には、即座に鍵修理の依頼を行う必要がある。

「様々な箇所に使われる鍵」
住宅の鍵は玄関だけでなく、トイレや浴槽、各人の部屋など様々な場所に設置してある。
これはプライバシーを守るためという目的があり、壊れた状態ではプライバシーを守る事ができない。
同じ住居に住んでいる人であっても、それぞれがそれぞれの生活を守るために鍵は重要な防波堤となっているのである。

この様々な箇所に利用される各種の鍵であるが、場所によって必要な性能や耐久性には違いがある。
例えば、玄関の鍵は強固である必要があり、これは外敵を家の中に侵入させない事を目的としているためだ。
トイレや浴室、部屋の鍵は玄関とは違い、家族間のプライバシーを守る事を目的としているため、鍵は簡易な物が利用される事も多い。
浴槽などの場合、水気を帯びる事も多い場所であるため、耐水性のある鍵が使われるなど場所ごとに鍵の種類にも違いがある。
鍵の種類によって修理や交換に掛かる費用も変わってくるため、予算と相談しつつ修理を進めるべきだろう。
「住宅の鍵が壊れた場合には、鍵の修理」
どれほどお金を掛けて強固な鍵を設置したとしても、家の老朽化と共に鍵も老朽化する事になる。
鍵穴が潰れてしまったり、留め具が緩くなってしまったり、鍵が歪んだり破損してしまうというケースである。
毎日を過ごす住宅の鍵が壊れてしまえば、とても不便である事は間違いない。
専門家に依頼すれば短時間で終わる作業も、自分で修理する場合、設備や技術が無いため無駄な費用や手間が掛かる事も多い。
素早く専門の鍵業者に依頼を行い、即座に鍵の修理を行ってもらうべきだろう。
鍵自体の破損という場合には、鍵屋に持ち込んで修理や複製をしてもらう事ができる。
しかし、設置している鍵が壊れてしまった場合、自宅まで出張して修理をしてもらう事になるため、出張料金が必要となる。