鍵の悩みを一縷に解決 ~ノーロック、ノーフューチャー~

鍵

鍵作成

「素早い鍵作成でトラブル解決、プロの鍵作成テクニック」
鍵業者の主な業務の1つである「鍵作成」サービスについて簡単に説明を行う事にする。
これは、鍵を複製して欲しいという場合に利用する事ができるサービスである。
例としては、家族のために合鍵が欲しいというケースや、鍵が折れてしまったという場合に利用できる。
使用頻度の高い鍵はどうしても紛失・破損してしまうため、もしもの事態に備えてスペアキーを準備しておく必要があるのである。

鍵のトラブルというのは、事前に予測出来る事が少ないため、問題が発生してから慌てるという人も多い。
酔っ払って鍵を紛失した、鍵穴に入れて回したらねじ切れてしまったというトラブルは事前に予測する事が難しいのだ。
そのため、もしもの事態が発生する前に予備の鍵を業者に作成してもらう事で、安心して日々を過ごす事が可能となる。
近年では、出張での鍵作成を行っている業者も多いため、時間が無い場合や緊急性の高い場合などに活躍するサービスである。
鍵作成に掛かる時間と費用について
具体的に、どの程度の時間や期間が鍵の複製に必要になるかに関して気になる所だろう。
複製に掛かる時間は、鍵の種類によって必要な時間は大きく変わる事になり、一般的な鍵であれば10分程度で複製できる場合もあるため
依頼してすぐに合鍵を作り、実際に複製したキーを利用して解錠する事が可能となる。

鍵作成の費用については、鍵の種類によって価格は変化する。
一般的なシンプルな鍵の場合、1本1000円程度で複製する事が可能である。
素人が自分で合鍵を作るという場合、設備や技術が不足するため1000円という低価格では難しい。
プロだからこそ、短時間かつ高精度の鍵を複製する事が可能なのだ。

しかし、鍵の複製という場合には当然であるが、元となるキーが必要となる。
紛失という場合には元となるキーが存在しないため、当然複製は難しい。
では、そういった場合には鍵交換をするしかないのかと言えば、そうではない。
元となる鍵がないという場合でも、工事を行う事で紛失した鍵を作成する事が可能である。
当然、元となるキーがある場合に比べて時間と費用は増えるが、鍵穴さえあれば鍵を複製する事ができるのだ。
スペアキーがあるというのは、もしもの紛失時には大変有効なリスク対策である。
鍵というのは、解錠する事ができるからこそ有効な防犯・リスク対策であり、開かなければトラブルの種となりかねない存在なのである。