鍵の悩みを一縷に解決 ~ノーロック、ノーフューチャー~

鍵

車の鍵トラブル

「自宅・旅先・職場…様々な場所で起こる可能性のある車の鍵トラブルへの対処とは」
車に関する鍵のトラブルは様々にあるが、特に多いのがインロックしてしまったというものである。
では、インロックとは具体的にどういった状況かと言えば、鍵を車内に残したままロックが掛かってしまった状態を指す。
多くの車が、鍵を使わずともロックをかける事ができる機能を持っているため、誰もが経験した事のあるトラブルだろう。

より具体的には、車に鍵を挿したままの状態でドアを開け、ロックノブを押しこみ車外に出てしまうというケースである。
この状態でドアを閉めれば、車は自動的にロック状態になってしまうため外部から開ける事ができなくなる。
当然、鍵は刺さったままであるため車外から鍵を見つめる事になるのだ。
「突然のショックに呆然、ひょんなトラブルに注意」
鍵は見える場所にあるのにも関わらず、ドアを開ける事ができないという状況は人をパニックにする事も多い。
経験者なら共感できると思うが、ドアが開かないという状況を理解する事が非常に難しいのである。
あれっ?っと思ってドアを何度も引っ張り、鍵が掛かっている事を悟り車の中にある鍵を見つめて呆然としてしまう人も多い。
こうしたミスが起きる原因は疲れや油断など様々な理由があるが、ひょんな事から発生してしまう車の鍵トラブルなのである。

では、こういった場合にはどの様な対処を行うかについてを紹介していこう。
まず、スペアキーが手持ちにある場合にはそれを利用すれば問題は即座に解決する。
しかし、一般的にはスペアキーは同時に紛失してしまわないように保管しているため、出先などでは持っていない事も多い。
自宅が近ければタクシーなどで一旦取りに帰る事もできるが、旅先などでは現実的ではないだろう。
「全国各地で起きる車の鍵トラブルに対応」
ここで活躍するのが、全国各地で営業をしている鍵業者の存在である。
電話一本で対応してもらう事ができるため、慌てずに近場の鍵業者と連絡をとり解錠をしてもらうべきだろう。
携帯電話を使えば、簡単に業者を検索する事もできるのが現代IT社会の便利な所だ。
しかし、携帯も一緒に車内に入っているという場合もあるため、トラブルを事前に考えメモ帳などに鍵業者の連絡先をメモしておくべきだ。
トラブルは突然発生する事になるため、事前にどの程度の対策を取れているかが即座な解決に重要である。
スペアキーが無いというという場合には、こうした車のトラブルを予測し作成しておくべきだろう。

車の鍵の複製は国産か外国産かによって価格や手間に違いがあるため、その点に関しても電話で確認をしておくべきである。